So-net無料ブログ作成
フェイスブックの知人たち ブログトップ
前の10件 | -

やっぱりお仲間のみなさんとは楽しいなあ [フェイスブックの知人たち]

フェイスブックを始めた頃は
交流会ブームでした。
約6年前。

会社の同僚とか、身近な人と
フェイスブックで繋がっても、メリットはない。
でも、交流会に参加すると
いろんな人とつながりたい。という
欲求を満たすことができるんですよねえ。

今はさっぱり交流会のお誘いはなくなりました。
すでに知り合いのなった人からのお誘いが中心です。

今回は、ホントに最初の頃に知り合いになった
お仲間グループ主催の忘年会でした。
参加者23人中、私が知らない人は5人ぐらい。

このグループは、最近は結成日周辺の3月と、
12月に入ってすぐの忘年会と
1月3日の新年会と、
あとはお盆休み頃に夏の遠足、みたいな会が
現在恒例です。

今回もビュッフスタイルの食事ができるところなので
食べたいものを、好きな量で食べられるのが
いいところです。

珍しく、休みの日だったのですが
ちょっとおやつをいただき過ぎて
あんまりご飯を食べられないお腹具合で参加。

まあ、お話したり交流するには
これぐらいのコンディションがちょうどいいのかも。
食べるのも喋るのも口の仕事なんで、
片方しかできませんわ。

3年ぶりぐらいにお会いする人もいて。
いつもフェイスブックで状況を拝見してたので
どうなったのかちょっと心配してたんですが
面と向かってなら、少し深めの事情も聞けました。

初対面どうしの人、
顔見知りの人、
年に何度か顔合わせする人、いろいろです。

やっぱり、知らない人たちの中に入って
お友達づくりするのって、すごく気力がいることです。
5年ほど前は、すごくエネルギーを使って
バンバン参加してたんですねえ。
スゴイじゃないか、その時の私。

今は、知り合いが多い交流会の方が
楽しいなあ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村






nice!(2)  コメント(0) 

旅先で久々の知り合いとご飯食べる食べる [フェイスブックの知人たち]

私が所属するフェイスブックのグループの
交流会で何度か顔を合わせていた人が
2年ぐらい前に、九州方面に転勤になりました。

今回、ライブでそちら方面に行くことになったので
久々にご連絡〜

というわけで、お時間を作っていただきました。
新幹線を降りて、駅の改札を出たところで
待っててくれました。

わーお久しぶり〜
いつもフェイスブックにアップしている限りの
近況をお互いに知ってるので
そんなにタイムラグがある感じはしないもんです。

すごく下調べしてくださったようで
まずは、焼うどん発祥の店へ。

80歳過ぎのおばあちゃんひとりでやっているお店で
お昼を結構過ぎている時間ですが
お店には絶えずお客さんが来ます。

扉のガラス部分をのぞいて
「あ、行けそう」と思ったお客さんが
次々と入って来ます。

ものすごい年季の入った鉄板で作ってくれます。
さすがです。
全部同じクオリティで作りはります。
この道70年だそうです。

戦後、焼きそばを作ろうにもそば玉が
手に入らなくて、うどんで作ったのが最初とのことで
基本は麺と、キャベツのみ。
それを豚脂で炒めます。
ソースは少し酸味のある、サラサラのソース。

天まど、というメニューを注文すると
少しだけ広島焼きみたいな薄い生地を焼いて
その上に焼うどん、卵をひとつ落として出来上がりです。

素朴で美味しかったです。

次は、古民家カフェに連れて行ってくれました。
これもスゴイ。
本物の古民家です。

間取りとか、欄間とか、壁のしっくいとか
天井に張ってる板とかに時代感があって。
これはホントに古そう。

前は金物屋さんだったようで
当時の看板も天井近くに飾ってありました。

メニューがすごく本気です。
私はスイーツセット、
フェイスブック友は、ちょっと豪華なスイーツセット。

なんと、ハーフサイズのケーキ3種類と
普通サイズのアイスクリーム1つと
スライスしたフルーツ。

ちょっと豪華な、な方は
アイスクリームが倍の量&2種類。

味も最高です。
雰囲気も良い感じでねえ。
お客さんは女性ばっかりです。

あとでフェイスブックにあげたら
その友達は「食べ過ぎ」と
別々の人2人にツッコまれてました。

私はたくさん食べる人として知られているので
特に私の友達からはツッコミはなかったなあ。

概ね2年サイクルで転勤になることが多いそうです。
今度その街に行く機会があっても、
すでに転勤になってはるかもしれないんだなあ。

お茶の後、ライブ会場まで連れて行ってくれて。
お土産までいただいてしまいました。
楽しい再会でした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村






nice!(1)  コメント(0) 

フェイスブックで名月の写真がいっぱい [フェイスブックの知人たち]

フェイスブックは、写真と文字。
インスタグラムは写真と短文、またはハッシュタグ。

最近、私のインスタグラムは
たべログみたいになってきました(苦笑)
だって、そんなにインスタ映えする生活してないもの。

フェイスブックは、何気ない写真に
文を添えて書くことができます。

で、昨日は仲秋の名月。
みんなスマホで撮った月の写真をいっぱいアップしてはります。

私も撮ろう〜

お月様が綺麗だと、ベランダに三脚出して
デジカメでシャッタースピードの設定を変えて
何枚も写真を撮ります。

普通に取ったらピカピカ。
ISOを落として、早いシャッタースピードだと
ほぼグレーのお月様になっちゃいます。

昨日は程よくピカッと感があって
月の表面の様子がちょっとわかるのが
狙った写真だなあ。

というわけで
こういう写真を私もフェイスブックに上げました。

スクリーンショット 2017-10-05 23.36.53.png

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村






nice!(0)  コメント(0) 

飲みに行こうと誘われ、トントンと話がまとまる [フェイスブックの知人たち]

Facebookの知人とは、
メッセンジャーで連絡をとりあうことができます。

...この間、メッセンジャーの方で
怪しいチェーンメールらしいものが
出回ってたらしいですね。

いつも美味しそうなお酒の席のお料理を
アップされてる方から
「飲みに行こう!」とお誘いがありました。

私がお酒を飲めないのは、前回ご一緒したときに
ご存知のはずなんで、「飲み」に限らず
美味しいものを食べに集まりましょう、という趣旨の
お誘いだと理解して良いはず。

おおー
ぜひ行きましょう。
誰か誘いましょうかと尋ねたら
是非是非、とのことだったので
Facebookではわりと仲良しで
都合のつきやすい、共通の友達を誘いました。

いつにします?
7月中?
なんのお店にします?
あの人も都合良いそうなんで誘いましたー
などと、メッセンジャーのグループで
空いた時間にメッセージを入れると
他の方も空き時間に返信があってディスカッションして。

いいねえ。
昔は家の電話で1対1で話して、
他の人に電話して伝言して、
またフィードバックして、なんて
いま思えば
まどろっこしい方法で、こういうの決めてたんですよねえ。

というわけで
メンバーが決まり、
日取りが決まって、
今、お店の検討に入ってます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村







あの講習会行きたいなあ [フェイスブックの知人たち]

一時に比べて、大掛かりな交流会よりも
少人数の趣味の合う人とのミニ講習会や
食事会などが、今の主流のようです。

この人とはどういう出会い方だったかなあ。
非常に個性的な人です。

フェイスブックで友達になる際は
メッセージを添えるのが
暗黙の基本のルールですが、
この人とは友達になってすぐのメッセージで
10往復ぐらいやり取りしました。

その時から、この人は変わった人やなあ、と
思ってましたが
最近の投稿を見てもすごい凝り性で
感服するばかりです。

その人が、
「こういうプランのミニ講習会あるけど
 興味ある人いますか?」という投稿をしてました。

それ、すごく興味ある!
この人に教わるなら、絶対キッチリ教えてもらえそう。

という感覚がありましたので
興味あるー!というリアクションしました。

そしたら、2日後ぐらいに
バッチリ講習会の段取りができたらしく
お誘いのメッセージをいただきました。

月に1回ずつ、全4回。
日曜日の午後か、月曜日の夜。

私の仕事は月曜休み。
日曜は必ずしも休みではないのです。

月曜日の夜かあ。
いま、月曜の夜のバレエのお稽古は私だけなので
お休みしたくないなあ。

日曜は今のところライブの日とか、
別の講習の日とは重なっていないので
あとは仕事の休みが取れたらやなあ。

しかし。
この4回の日曜日、どうにかして仕事が
休めるかな。

なんとかして、休めるかな。
ちょっと会社で調整しないといかんなー
行きたいなー
どうかなー

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村








去年の今頃、第1回をやりましたねえ [フェイスブックの知人たち]

今日は仕事のあと、
「昭和歌謡バーを楽しむ会」を
フェイスブック友達のオジサマ2人と一緒に開催しました。

きっかけは、フェイスブックの交流会で
私がメインで開催していた、天満食べ歩きの会でのこと。

りえこさん、「歌謡バー」っていう
気になるお店があるんやけど
どんなんか入るのに勇気がいりそうで...
と、2人のオジサマからお誘いがありました。

万が一、おかしなお店でも
3人やったらどうにかして脱出できるんじゃないかとか
りえこさんは天満に詳しいので、という
よくわからない理由で、去年の12月に
第1回天満歌謡バーを楽しむ会を開催しました。

オジサマ達とまずはご飯を食べまして。
オジサマ達は期待とドキドキで、
ご飯を食べながらいろんな思いで胸いっぱいなご様子。

面白いぞ、この人たち。
交流会でよくお話する人たちで
そもそも結構いい人なのは知ってましたが、
もっと味わい深いです。

で。
本命の歌謡バーに行ってみたら。
ものすごく楽しい空間でした。
オジサマ達は、あっという間に
「アイドルに夢中だった中学生」に
心の中はタイムスリップ。

二人は同い年なので、同じ時代に同じものを見ていて
リクエストした曲の映像をみて、
悶絶しています。

私も時々その頃辺りの曲をリクエストして
「渋いとこ突くなあ」なんて感心されたり。

1番の心配だった会計も明瞭。
カラオケじゃないので歌わないから、全然体力的に問題なし。

次に交流会であったときに
「あれは楽しかったねえ〜」と話題にしたら
ちかくにいた人たちが行ってみたい〜と反応したので
第2回、第3回と少し人数が増えた小団体をナビしました。

人数が増えると、周りに合わせるようで
マニアックなリクエストを控えていた初期メンバーは
少々物足りなさそう。
「これはこれで楽しい」と言ってはりましたが、
初回の悶絶具合とは全然違うなあ。

この辺の気ぃ遣いなところも、いい人たちです。

ということで、今日は久しぶりに初期メンバー3人で
行くことにしました。

やっぱり楽しそうだなあ。
途中から、やはりマニアックなリクエストを入れたり
お互いのリクエスト映像を見て
「うわぁー、こう来たかーー」なんて
とろけてはります。

うんうん。
元祖メンバーで行ってよかった。
私も楽しかったです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村






久々のお友達といいろいろお話し [フェイスブックの知人たち]

交流会で、久しぶりの方々とたくさんお話ししました。

グループの交流会ではないので
初めて会った人が半分、
馴染みの方が半分ぐらい参加しています。

最初に座ったテーブルが、知らない人だらけで
気持ちは遠慮しつつ、ビュッフェ形式で置いていただいている
お料理は、もう抜かりなくガッツいて食べる私たち。
そこは気持ちが一致しています。

交流会なので、主催者の配慮で
途中に席替えタイムがありました。

ということで、飲み物と取り皿とお箸を持って
出入り口近くの端っこのテーブルに移動。

その辺りの席は、空席が多いのと
馴染みの人が何人かいたので。
はるばる遠くから来た、一番古い知人もいて
しばらくぶりの会話をしました。

そしたら、参加してる人の中で
さっきまで別のテーブルにいた知人たちが
入れ替わり立ち代わりやって来はりました。

わぁ嬉しい。
久しぶりにお話しする人もいてらして。
そうそう、昨日フェイスブックで投稿してた
あの記事って、何ですか?なんて
フェイスブック友達ならではの会話をしました。

ねえねえ、この交流会って
いつものグループと違うの?
(参加者の半分ぐらいがグループのメンバーで
 今回の主催者がグループ管理者なので)

いつものグループって、どうやってできたんだっけ。
なんて、今更ですが、この人とは改めてしたことなかったなあ。

また食べ歩きしたいねえ、
あの時の炭水化物巡りで6軒行ったけど、
全部の店が美味しかったねー、とか。
日本酒の通信教育を受けた方がいて
その人主催で新しい企画、やろうよ〜とか。

最近目が遠くなってきてねえ、
去年1個年上の人に「老眼だってー」と冷やかしたら、
今年は自分が実感するとは。
なんて、同い年の知人が言ってました。
老眼鏡は使いたくない、と抵抗してるらしい。

私は案外抵抗がなくて
100均の老眼鏡を職場に置いてますなんて話をしたり。

私が入籍して以来初めて会う人もいて
家庭はうまくやってる?なんて
心配してくれる人もいます。

あはは。
そんな話ができるのも、
フェイスブックではしばしば会ってても
顔を合わせるのは、久々のお友達だからですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村










久しぶりに交流会に行きました [フェイスブックの知人たち]

一時は、最大月5回フェイスブック関係の
いろいろな知人から招待される、交流会に行ってましたが
めっきり交流会がブームが去ったのか
招待される数も減りました。

今回は、私が所属しているグループの会ではなく
主催者3人の友達つながりの会。

グループのメンバーであり
今回のお店のオーナーのお店は、話題のお店です。

あっという間に定員の40名がいっぱいになりました。

メンバーを見たら、さすがに半分が知らない人だあ。
最近はグループの交流会しか行かないので、
参加者のうち8割は知ってる人だったりしますが、
こういう交流会は久しぶりです。

最初に同じテーブルに座った4人ですが、
私の向かいにいる3人は、初対面の人ですがな。

しかし。
美味しいお料理を食べながら雑談しているうちに
どんどん打ち解けてきました。

いちど、席替えタイムがあり
席替えしたら、やはり馴染のメンバーと話が弾みました。
4年以上前からフェイスブックの知人ですが、
なかなかじっくり話する機会のなかった人とも
ゆったり話できました。

やっぱり楽しいもんですねえ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村







よく働きよく遊んだ金曜日でした [フェイスブックの知人たち]

今日は8月にお約束していた
フェイスブック友達さんたちと遊ぶ日〜

サクサクお仕事終わらして
いつものごとくサクサク帰るでぇ、と
心の中で思いつつ仕事してたのですが。

なかなかそうは問屋がおろさなかった。

まず、昼前に会えるはずの人と話しできず。
待ってたら、ずれにずれ込んでお昼休みは10分間。

大慌てで蒸しパンとコーヒー牛乳を流し込み
午後の仕事へ。

午後の仕事は、半ば体力勝負。
気力体力をめいっぱい発揮。
機材トラブルが発覚したので、修理を依頼していいか上司に報告。
業者さんにもすぐ電話。
対応がすぐに決まってひと安心。

と思ったら、同僚が仕事に必要な物品を買うのに
アマゾンを使おうとしたものの
彼女は初アマゾンらしく、かなり難航。
それをヘルプしてたら、もう終業時間です。

家に帰って、とりあえず着替えて。
待ち合わせ場所に行くと、もうほとんどメンバーは集まってました。
ほな、行きましょか〜

1件目でまずは腹ごしらえ。
ダンディだと思っていたフェイスブック友達
(62歳男性)がかなり可笑しい人だということが
ご飯食べながら話してて発覚。

無農薬野菜が美味しい〜
私はノンアルコールでしたが
お酒がどれも美味しかったそうですよ。

いよいよメインイベント会場へ移動。
...やはりダンディは、面白い人だった。
大いに張り切って楽しんでました。

「あ〜楽しい。
 嫌なこと全部忘れたっ」と言ってはりました。

そのお店には私と今回の言い出しっぺは3回目の訪問ですが
初めて他のお客さんとご一緒しましたよ。
ダンディはそのお客さん(40代男性)と意気投合。
いきなり友達か?!みたいになってました。

遠方にお住いの仲間が3人いるので
10時半でおひらき。

いやあ、よく働いた。
よく遊んだ、よく笑った。
あんなに楽しんでくれる方があるなんて
企画した甲斐がありました。

明日もまだ働きますよ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村







笑顔がステキなイケメンさん [フェイスブックの知人たち]

3年ほど前に、滋賀県在住の知人が
「婚活の交流会しよう!」と企画したものの
あまりに参加者が偏ってて、
開催前に「このメンバーじゃ婚活無理!」と
ただの交流会に変更したことがあります。

その時の参加者で、主催者知人の知り合いの男性が
受付をしてらしたのですが。

会場に到着するなり
「こんにちは!」

素晴らしい笑顔でねえ。
しかも、爽やか系のイケメンさんなのです。
大阪に多くいる垢抜けまくった感じでなく
素朴なナチュラル系。

初対面で、そんなイヤミのない笑顔で挨拶されたら
思わず挙動不審になってしまった私。
「えっ、そんな親しそうな笑顔全開でーー知り合いだっけ?」
心の中でグルグル考えてしまいました。

...その後フェイスブック友達になったら、
この人は接客業を仕事にしていて、
現在は人材派遣に関する仕事で起業したそうな。

年の頃なら30代前半、バツイチとその交流会で
自己紹介してらしたと記憶しています。

しかも、ほぼ必ず写真は自分もフレームの端っこに入る
自撮り系の写真をアップされてます。

その時も、変わらず素晴らしい笑顔と素朴イケメンぶり。
逆にコレはすごい。
プロ根性の為せる笑顔なんだなー

よく見ると、口を閉じてても口角は上がり気味だし
少したれ目気味。
黙ってても笑顔に近いお顔になってます。
よほど笑顔の練習しはったんだろうなあ。

逆に笑顔の少ない私としては、
大いに反省いたしました。

かといって、笑顔作るのって難しい。
2回に1回は笑っているのにへの字口になってる私。
ホントに笑うと目が細くなって糸になっちゃうし。
あのスマイルはスゴイんだなあ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村








前の10件 | - フェイスブックの知人たち ブログトップ
メッセージを送る