So-net無料ブログ作成
我が家の食卓 ブログトップ
前の10件 | -

果物をあまり食べない理由は、アレルギーかも [我が家の食卓]

ものすごーーーく久しぶりに
ビワを食べました。
子供の頃に大好きで、家に木を植えたら
毎年買わなくても食べられるよね、と母に言ったら
「ビワの木がある家は病人が絶えないという」とか
わからんことを言って、却下。

...まあ、うちの母は「この手の迷信めいた事」を
事あるごとに、言うんです。
よく考えるとビワ農家とかどうなるんだ。

そういえば、私は果物はほとんど食べないなあ。
夫さんが食べる、というので、ではお相伴、ぐらいの
食べ方が多いかも。

夏場のスイカは、足がむくみやすい私が
率先して食べてます。

なんでかなーとよく考えると。
ひとつは、経済的な事。
野菜でおおむね栄養は足りるので、
果物という「お値段的にやや高級品」でないと
摂取できない栄養素は、ほとんどないのでは、と思います。

ふたつは、手が汚れること。
特にこの、超深爪の爪の中に
ミカン系の白いあれこれなどが入り混んだら、すーごく見苦しい。

3つ目が、特にカンキツ系の酸がきついのは
あとで歯がザラザラガサガサする感じがして
歯が溶けそうな感覚がするのです(極端)

4つ目が、長年気づかなかったのですが
どうも果物の中にアレルギーみたいに
なるものがいくつかあるみたいです。

例えば、メロンを食べると
口の中の、上あごの喉の近くが
ザラザラして、なんとなく全体的に盛り上がります。

キウィも近い感じ。
上あごがザラザラ。

加熱していないマンゴーとか
超有名なパイナップルもなんだかそういう感じ。

検査したことはないですが、これは多分アレルギーっぽい反応。
少し食べるぐらいなら、問題ないですが
量が多いとちょっとね。

果物食べなくても、死にませんから。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村









nice!(1)  コメント(0) 

せっせと魚の味噌漬けを作る [我が家の食卓]

私は肉も好きですが、魚を2日に1回は食べたいヒトです。
どんなお魚でも大好きです。

夫さんは、肉が好きな人です。
魚は骨がないもの、生臭くないもの、味が濃いものなら食べます。

うむむ。
どうにか折り合いつけて、お魚を食べたい私。

私の休日である月曜日に
市場や新鮮な魚を扱っている、行きつけのスーパーに行き
どんなお魚にしようか、考えます。

ほっけの開き。
市場のはロシア産で、身が薄くてイマイチ味が落ちます。
スーパーのはなかなか良いクオリティ。

薄塩のサバ。
スーパーのは、骨を取ってくれているので
夫さん的には合格。

それ以外に食べてもらえそうなお魚....
最近、しっかりめに漬けた味噌漬けなら
食べはるのがわかりました。

売っているのは、西京漬が多いのですが
自宅で2日ぐらいキッチリ漬けて
焼いたらアメ色になるぐらいのものならOKらしい。

ほほう。
では、月曜にお魚の切り身を買って味噌漬けにして
水曜か木曜にお魚が食べられます。

平たいバットに荒味噌を取って、
ゴムベラを使って、みりんを混ぜます。

滑らかに混ざったら、
味噌の3分の1ぐらいを
バットにうすーく延ばして、
その上にお魚の切り身をのせます。
その上に、残りのお味噌を塗って、
ラップをピタッと貼り付けて、
冷蔵庫のパーシャルルームへ。

お魚にお味噌を付けたくないときは、
お魚とお味噌の間にキッチンペーパーを
挟む工程が加わります。

焼くときは、テフロンのフライパンの上に
魚焼き用アルミホイルを敷いて焼く。
焦げ付かないし、後片付けが楽ですねえ。

というわけで、今のところ
せっせと魚の味噌漬け作ってます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村






nice!(1)  コメント(0) 

テキトーに作った煮物、美味でした [我が家の食卓]


土日出勤だったので、
今週は昨日と今日がお休み。

平日のお休みって、新鮮だなあ。
半月前までは
どこかに出かけようかとワクワクしてたのですが
この寒さと、土日の出勤が2日とも
気力体力ともに使い切る仕事だったので
結局、朝は二度寝をゆっくり楽しみ、
おうちで洗濯したり、掃除したり、
買い出しにいったり、ぐーたらしたり過ごしました。

外へご飯を食べに行くにも
寒くて行く気になれず。
冷蔵庫にあるストックでまかないを作ることに。

冷凍していた、鶏の手羽元があったので
「コッテリしてる味で、
 骨からボロっと外れる煮物」を作ろう、と
圧力鍋を出して調理。

テキトーな調味料の分量なので、
再現できないかも(汗)
でも、こんな感じです。

<調味料>
トーバンジャン 小さじ2杯
砂糖 大さじ1
しょうゆ 小さじ2
オイスターソース 大さじ1
赤味噌 大さじ1.5
水 2カップぐらい

沸騰させて、その中に水をかけて
表面を解凍した手羽元をドンドン入れて、
圧力が上がったら、10分調理。
調理が終わったら、放置して圧が抜けるのを待って。

ふたを開けて、ちょっと煮汁を煮詰めて出来上がり。

なかなかイメージ通りものができたので
一人でモリモリいただきました。

残った煮汁で、夜は大根を豚バラ肉で巻き、
片栗粉をまぶして表面を焼いて
残り煮汁の中に入れ、圧力調理10分。

器に持ったら、針生姜を添えて出来上がり。

お肉が薄かったからか、
片栗粉の衣が薄かったからか、
半分ぐらい分解してしまいました。

...そっか、落し蓋して圧力かけたらよかったのかなー
それでも、味はバッチリ。
大根も、下ゆでしていないのにトロっと
豚肉もやわらかーい。

なかなか美味でした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村






nice!(1)  コメント(0) 

おでんのあとは、やっぱり卯の花でしょう [我が家の食卓]

日曜日の晩御飯はおでんでした。

たくさん作りすぎないようにセーブしましたが
やはりそれなりのボリュームになり、
昨日完食しました。

今回はお出汁の味が濃く、
結構お出汁も量も残ってたので
この残り汁をお料理に使うことにしました。

以前、フェイスブックでお友達に
カレーうどんにすると美味しい、と
教えてもらってやってみました。
炊き込みご飯にもリメイクしたなあ。

しかし、やっぱり一番美味しいのは
おからで卯の花を炊いたとき。

実家でもこれ、よくやってたなあ。
とりあえず、冷蔵庫の中の野菜のストックを見て
何を入れようかかんがえました。
今日はにんじん卯の花です。

<材料>
人参 中1本
エリンギ 1パック
おからパウダー 1/3袋ぐらい

青ネギの輪切り  1/2パック
おでんの残り汁
ぎんなん 10粒ほど

エリンギと人参はみじん切りにしました。
お鍋に少しだけ油を引いて
エリンギと人参をよく炒めます。

そこへ、おでんの残り汁を入れて
ちょっと煮ます。
おでんの具から出た油が、結構な量のアクで
出て来ましたよー
丁寧にすくって。

そこへ冷蔵庫でストックしていた
おからパウダーを入れて、汁を吸わせながら
炒りつけます。

おっ、汁の量とおからパウダーの量が
ちょうどいい感じです。

そこへ、青ネギのミジン切りを入れて、炒めます。

途中、ギンナンの殻を向いて
別鍋に油を入れて軽く揚げて、薄皮をむいたものを
卯の花に加えて、もうちょっと水分を飛ばしました。

うんうん。
これは良い卯の花。

おでんも汁まで全部たべれて
おいしい卯の花ができて。
満足ぢゃ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村







nice!(0)  コメント(0) 

晩御飯に「禁じ手」いっぱい [我が家の食卓]

夫さんが晩御飯のとき、主食を食べなくなりました。
健康診断の結果、体重を中心とした
検査結果がかなり思わしくなかったのです。

少し体重を減らそうという企みらしい。
うまくいくかなー

というわけで、晩御飯のおかずとして
ご飯に添える系は、作れなくなっちゃいました。

私は炭水化物星人コメ族なので
ご飯に合うおかずを作ることが多いので
かなり苦しい。

まず、カレーとかキーマカレーとか
ご飯に添えるものは、禁じ手です。

それから、お好み焼きとか焼きそばも
おそらくダメでしょう。
皿うどんではなく、八宝菜ならOKですか。

それから、お刺身を買って来て作るような
海鮮丼、手巻き寿司も普通のお刺身になりますし。

昨日、厚揚げのチリソースあんかけを作りましたが
あんまり辛いと、ご飯がないと、味が緩和できなくて
単独で食べにくいらしい。
麻婆豆腐も辛さを加減しないといけないなあー

ご飯がないと、お腹か膨れる要素になる
汁気多めの野菜料理を追加しないと。

逆に、ご飯がある時に
「おかずにならない」と否定的だった
じゃがいもやサツマイモを使ったお料理は
作りやすくなったかな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村









nice!(1)  コメント(0) 

休日前の都会で食パン難民に [我が家の食卓]

平日の朝食はご飯と味噌汁党ですが
休日の朝は食パンです。

というわけで、今日は仕事帰りに
明日以降の食パンを買って帰ることに。

夫さんは3連休。
私は2つお休み、日曜出勤して、月曜が休みです。

とりあえず、5枚いるんだな。

今日は仕事のあと、会社付近の駅で途中下車して
整形外科でリハビリ。
リハビリ終了後、再び電車に乗って
大阪方面へ帰ってきました。

さて。
今日の晩御飯は、エキナカでお惣菜を買って帰ることに
なっていたので、いつものお惣菜屋さんに行きました。
お目当は、生姜とお醤油で下味をつけた
ジューシーな鶏の唐揚げと、
同じお店で素朴なホクホクのポテトコロッケ。

しかし。
今日は連休前。
鶏の唐揚げは売り切れておりました。
うむむ。
私の胃も口も鶏カラにチューニングされております。
とりあえず、近くにあった別のお店で
鶏カラを購入。

別のお店でサラダも買って
次は朝ごはんの食パンを、と思ったのですが。

これもおやすみ前の影響か
いつものパン屋さんの、いつもの食パンが売り切れ。
...もともと売ってる量が少ないですし
 出遅れたしなあ。

駅周辺に他にもパン屋さんがあったはず、
とあちこちハシゴしましたが
意外とないもんです。

休日の朝はパン、ってお宅が多いんでしょうか。

探しているうちに、百貨店の地下入り口近くまで
来てました。
この百貨店に入ってるパン屋さん、
10年ぐらい前まではよく利用してたなあ。
食パンじゃなくて、パンドカンパーニュとか
クルミフランスとかをよく食べてたかな。

久しぶりに寄ってみようか。
すると。
このパン屋さんでは、他のパンはほぼ売り切れてて
食パンだけ残ってました。

無事に明日の朝のパン、ゲット。
休日前って食パン難民になっちゃうんですね。
アブナイアブナイ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村








nice!(1)  コメント(0) 

今年もなれ寿司いただきました [我が家の食卓]

私の両親は和歌山出身です。

母の実家の周辺では
昔は秋祭りの頃に、
各家庭でなれ寿司を作っていたそうです。
アセという、笹に似た葉で包んだ
サバとみっちりいっぱいのご飯でできた棒寿司。
すし桶いっぱいに。

寿司といっても、今のお寿司のご先祖様で
ご飯を食べるためのものでなく
お魚の保存性を高める為のもの。

だから、ご飯が発酵してて酸っぱいのです。
ご飯の量も多く、
発酵コントロールのために塩気もきついめです。
発酵期間が長いので、端っこの方がカビてるのは
まあ当たり前です。
これぐらい発酵してるものを、本なれと呼びます。

そんな食品なので、味に癖があるとか
そんな保存方法でなくても生で魚が食べられるのに、とか
家庭ですし桶いっぱいに作るのが大変とか
だんだん地元の人も作らなく&食べなくなってきました。

しかし。
実は、日本の発酵食品研究をされる方の中では
かなり有名な食べ物です。

食べるのも、お店で売ってるライトな発酵具合の
早なれが主流に。

子供の頃に母方の祖母が宅急便(常温)で
送ってくれたのを食べていたのを
体が覚えてて、祖母が作らなくなっても
覚えてたのですが。

いかんせん、県外に住んでるし
どうやったら食べられるものだかわかなかったのですが。

ひょんなことから
祖母の家の町内が実家であるという
同じぐらいの年頃の知人ができました。

物々交換で、売ってる本なれを
毎年送ってくれるようになりました。

ああ。
ありがたいなあ。
年に1回だからか、なんだか本能に訴える味。
発酵ものなので、サバの味とか、
気温による発酵ぐあいとか、
漬ける桶にいる菌の具合とかで
年によって、作り手によって、味が全然違うんです。

実は、結構な匂いがするので
夫さんは、この本なれ、食べれないそうです。

子供の頃から食べているのでない人は
よほど発酵食品に理解や興味がある人でないと
食べようとしないでしょうねえ。

今年もいただきました。
んーー美味しいなあ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村






nice!(0)  コメント(0) 

大根おろしが辛くて泣ける [我が家の食卓]

子供の頃から、むくみやすい体質です。

塩鮭や塩鯖、干物などを食べる時は
むくみを解消しやすくなるように
大根おろしをたっっっぷり添えていただきます。

10年以上、100均の大根おろし&スライサーを
使っていましたが、この間、やっと受け皿付きの
おろし金を買いました。

晩御飯に真ほっけの干物を焼いたので
大根おろしをいっぱい添えよう。
これで、あとで足がむくむことを心配せず
安心してたべられます。

で、大根おろしが残ったら
お茶碗に残ったご飯と混ぜて食べるのが
好きなのですが。

私が作る大根おろしって、カライんです。
お魚食べてるときは、まあ大丈夫なんですが
最後のだいこんおろしとご飯の時に
すごく辛さを感じました。

一口食べて、あんまりにもツーーンと来て。
もう一口半、残ってるんですが
ツライ。

思わず涙が出ました。
ああ、カライ。
で、残りのを食べたら、やっぱりカライ。

涙を流しながらご飯食べてて。
夫さんは「何やってんだか」という
顔で見てます。

美味しい大根おろしを作れるようになりたいなあ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村








nice!(1)  コメント(0) 

秋冬の朝ごはんの味噌汁復活 [我が家の食卓]

仕事の日の朝ごはんに欠かせないもの。
白ご飯、納豆、野菜のおかず、コーヒー

夏場は、水出しコーヒーをまとめ作りして
冷蔵庫に保存しておきます。

野菜のおかずも、キャベツとか小松菜の煮浸しぐらい
なのですが、とりあえず夜作って、冷蔵庫へ。
朝出して、温めて。

先週から、気温がどんどん下がってきました。
そろそろ水出しの冷たいコーヒーから
朝いれるあったかいコーヒーに変えるかな。

野菜のおかずも、夜の気温が下がってきたので
冷蔵庫にいれなくても大丈夫みたい。
秋冬モードの味噌汁に変えようかな。

冷蔵庫に保存している、作り置きのお出汁を
小さめのお鍋に、いつものお玉に5杯取って
具入れると、ちょうど我が家のお椀に2杯作れます。

まずは薄揚げ、2人で1枚。
ズボラしてキッチンばさみで細く切ったり。
あとは、ストックしている野菜をとにかくたくさん。

キャベツだったり、白菜だったり、小松菜だったり。
えのき、しめじなどのきのこも欠かせません。

野菜が煮えたら、お味噌を溶いて出来上がり。
今年の春から使っている、便利グッズの
お味噌を測ってそのまま溶かせる
泡立て器みたいなのは、便利ですねえ。

あーやっぱりお味噌汁は
あったまって美味しいなあ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村







nice!(0)  コメント(0) 

トウモロコシ。主食かおかずか [我が家の食卓]

夫さんのご実家が注文された
トウモロコシ。

今週我が家に届きました。

ホントはアスパラガスをいつも注文されるので
我が家にも、と手配されたのですが
今年はアスパラガスが不作で。
代わりにトウモロコシとなったようです。

トウモロコシは私の大好物です。

鮮度が落ちない袋に入ってます。
1週間以内に食べてください、ですって。

そりゃ鮮度が落ちて味が落ちる前に
いただかなくては。
というわけで、届いて2日目の昨日と
3日目の今日、の2回にわけていただきました。

あまり茹で過ぎるとおいしくないそうで
水からゆでで3〜5分が食べ頃だとか。

白いのと黄色いのがありましたので
昨日は1本ずつ茹でました。

ふと。
晩御飯の支度をしながら
トウモロコシは主食かしら。
野菜かしら。

...結構最近、これって考えたような。
夫さんのご実家付近の道の駅のようなところで
トウモロコシを買って帰ったときですね。

というわけで、
ゆでトウモロコシがあるので
ご飯はちょっと控えめにしときました。

甘くて美味しかったですー

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村









nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 我が家の食卓 ブログトップ
メッセージを送る