So-net無料ブログ作成
おでかけしました ブログトップ
前の10件 | -

ルミナリエに巻き込まれる覚悟で [おでかけしました]

週に1回、三宮の整形外科にリハビリに通っています。
仕事帰りに途中下車して行くんですけどねー

こちら方面にお勤めするようになって
ぜったい、ゼッタイ、絶対この時期は
巻き込まれるから、三宮と元町で降りないようにしてたのです。

何にって、ルミナリエです。
もちろん、観に行ったこともありません。

しかし。
今年はルミナリエの時期にリハビリの予約が...
ああ、憂鬱です。

担当の理学療法士さんと雑談してて
「お客さんも突破して来るのが
 大変だって言ってます」と煽りはります。

うむむ。
地元の人は交通網が分断されて、とか
案外地元の商店は交通規制のためお客さんが少なくて
経済効果は少ない、なんて近畿のニュースで
確かに聞くなあ。
自分が当事者になるとは、予想もしてませんでした。

とりあえず、いつものように
仕事の帰りに、三宮で下車。

道の角かどで警備の人が立って
拡声器でいろいろ言ってたり、誘導したり
看板を出してたりしている。

どこかでストップをかけられないか
ヒヤヒヤしながら、病院の方角へ歩いて行きました。

そしたら。
向かいの歩道に、ゾロゾロと大勢の人が!
あれが噂の
「歩道をダラダラと延々と遠回りさせられる」という
見物のための列ですか。

列の行き先を目で追うと、私の行く目的と
筋が1本違うようです。
ちょっとホッとした。
あの列のまん前を突っ切って行かなくていいんだわ。

というわけで、無事にリハビリを受けてきました。

足の裏の痛みも、足の指の動きも
かなり軽くなりました。
もう少しかなあ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村










nice!(0)  コメント(0) 

問屋で買いだめ靴下とパンツの買いだめ [おでかけしました]

靴下のストックがゼロになっていたので
買い物に行かねば、と思い
日曜日に行って来ました。

よくよく考えると、ボーナスが出てすぐの日曜日。
いわゆるボーナスサンデーという日だったかも。

あの辺りは日曜日に営業していないお店や
会社がたくさんあるのですが、
私が目当ての問屋さんだけは
大繁盛してました。

入店する前に、私物の持ち込みをしないように
自分のカバンはロッカーに入れるのですが、
まず、ロッカーの空きがない。

荷物を出しそうな人を見つけて、
そばに行って、荷物を出した端から
自分の荷物をいれます。
お店の中で要るものは、入店証とお金だけです。

...実は入店してすぐに「しまった」と思ったのです。
同じ問屋ですが、別に3つぐらいビルがあるのですが、
私が買うものはこのビルではなかったかも。

エレベーターで最上階に移動するとき
スマホで確認して確定。

ま、入ったんでこのビルも一応見ていくか。

定番のキャラクターグッズとか
クリスマスコーナーとかがあるので
小学生から中学生ぐらいの子供さんが多い。
...この年頃の子供さんって、ウルサイ。
おしゃべりが自己主張をするための道具だったりする。
学校とか、おうちでもこんなんなのかな?

しかし。
私の目当ての靴下は、このビルで正解だったかも。
いつもの靴下発見。
10足まとめ買いです。

長い清算の列に並んで、無事に買い物1つできた。
お店を出て、自転車を移動させて
別のビルに入店。

おお、確かにここでした。
エレベーターで最上階の一つ下の下着売り場へ移動。

特にこだわりはないのですが、
履きこみは深め、ウェスト部分はゴムでなく
伸縮性のあるレースが好み。
色は地味目は良いですが、5つぐらい入ってる
お買い得品がいい。
...ある意味こだわりかしら。

そして。
見つけました。
ヨシヨシ。

ついでに、休日のインナーとして着ている
スポーツブラが、かなーりくたびれてるのを思い出し。
...そりゃそうだ。
これは20代の頭にジムに通ってた頃着てた記憶があります。

案外安くで買えそう。
しかも上下セットになってる。
よし、古いのを一掃するつもりで3着買おう。

ぽいぽい、とカゴに入れてて、ふと気づく。
入店のときに持って入ったお財布の現金で足りるんかな?
ざっくり暗算。
うん、多分大丈夫。

またも清算の長い列に並んで。
現金が足りて、ホッとしました。

近くの植物の問屋さんとか、
大きな100均とか見たかったけど、
自転車のカゴがいっぱいになりました。

時間は2時半。
遅めのお昼ご飯も食べないと。
ほな、帰りましょかー

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村






nice!(1)  コメント(0) 

ドイツクリスマスマーケット、行ってきました [おでかけしました]

土曜か日曜が出勤の私。
土日がお休みの夫さん。

したがって、土曜か日曜、私が出勤の日は
晩御飯を作ってくれるのが恒例です。

しかし。
今日は私は出勤。
夫さんは休日出勤。

晩御飯は、外食でしょうかね〜?と
昨日夫さんに尋ねたら「そうやね」という
お返事だったので、提案してみました。

ドイツクリスマスマーケットの屋台で
買い食いしましょう。

うーん、仕事の終了時間は未定だけどなあ。と
言いつつ、Noではなかったので、お仕事の時間次第ですね。

というわけで、今日終業後に帰る前に
今から私は帰るけど、どんな具合かしら?と
夫さんにメッセージ。

7時には出れるかなー
7時半待ち合わせなら、行けるよ、とのこと。

やったー
というわけで、お茶しながら時間つぶし。

そして、
行ってきました。

スクリーンショット 2017-11-25 23.14.53.png

入ってすぐにある、
本場ドイツの木造メリーゴーラウンド。

さすがに土曜日で、なかなかの人出ですが
予想より少ないかな?
結構寒いー

というわけで、サラサラと出店を見て回り
まずは、夫さんはプレッツエル、私はソーセージ。
立って食べるテーブルが空いたので
そこでいただきました。

次に、ホットワイン。私はノンアルコール。
もうちょっとつまみましょう。
ローストポークのバーガーを二人でわけわけ。
それから、豆のスープとポテトのスープ。

最近、夜は飯を抜いている夫さん。
「炭水化物だらけやがな」
最初に食べたプレッツェルでけっこうお腹が膨れた模様です。

ステージでは、今日はボイスパーカッションの
ミニライブもやっておりました。

テーブルから離れて、スイーツを物色。
ミニカステラをいただきました。
日本のと違って、揚げてあるので
表面が少しパリっとしてて
粉砂糖をかけたものと、チョコレートをかけたもの。

一人で行こうと思ってたけど、
誰かといくのも良いもんです。
夫さん、お疲れのところ
寒いのにお付き合いしてくれて
ありがとう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村







nice!(1)  コメント(0) 

取材って、聞き手色にストーリーが染まることなんですね [おでかけしました]

さて、土曜日から夫さんは
朝から1泊2日で社員旅行に出かけました。

私は朝から夕方まで研修。
同じ職種の集団に混じる時、
いつも私は疎外感を感じるんですよねえ。
なんというか、自分だけ違和感がある存在な感じがして。

他の人からしたら
「いやいや、ちゃんと馴染んでますよ」と
言われるかもしれませんけど(汗)

一旦帰宅して、一人の晩御飯。
久しぶりにホーライの餃子が食べたくなったので
白菜と大根と、冷凍していた鶏手羽元を圧力鍋で煮て
ナツメも加えたスープを作って、
餃子とスープのセットにしました。

夜、9時半から待ち合わせして
ある取材を受けました。

初めてフリーライターという職業の人と会いました。
で、1時間半ほどお話をしたわけですが。

いくつかその記事のバックナンバーを読みました。
話の素材は、間違いなく興味深いと思います。

しかし。
とてもムラがあるのです。
まあ、逆に言えば、面白がらせようと
「盛ってない」ということなんでしょうが。

ひとつは、体験談であるので
話し手のおはなしスキルによるもの。

もうひとつが、ライターさんという
フィルターを通すから。

お話しを聞いてもらってて、
「なるほどねえ」と納得しました。

この人柄の人が、他人の話を聞いて
書くとしたら、ああいう記事になるかもねえ。
大いに納得しました。

オンラインの新聞?みたいな媒体ですので
ひとつの記事だけ違和感のあるテンションだとおかしい、という
バランスの問題もあるんだろうなあ。

書いたものはあらかじめお見せできませんが、と
いうおことわりがありました。
少し先の掲載予定ですが、
どんなストーリーになるのかな。
ちょっと楽しみです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村








nice!(1)  コメント(0) 

おしゃべりなオバサマがしゃべりたおす [おでかけしました]

昨日は整形外科で診察を受ける日でしたので
朝早くに起きて、病院へ移動。

受付開始の1時間前に到着して
待合室が開くまで、廊下のソファーに座れたら
そのままぼーっと過ごそうと思っていたのです。

しかし。
私の前にいたオバサマがかなーりおしゃべりだったので
その予定はいきなり狂いました。

私が到着した後に続けて5人ぐらいが列に並んだので
ソファーにすでに座っている人が詰めて
座れる人数を増やしました。

列の順番からいくと、
オバサマが11番目で、私が12番目。

隣同士けっこうくっついた状態で長いソファーに
並んで座ると、11番目のオバサマは
私や、後ろの13番目、14番目のオバサマに向かって
おしゃべりをはじめました。

ジムに通って運動してるの
今、KーPOPに合わせて踊ってるんよ。

ジムのお風呂を上がった時、
そこの椅子の脚がダメになりかけてて
私が座った瞬間にガッターンとなって、膝を痛めてん。

はやくにオトーサンが死んでしもて36歳から未亡人してるねん

ジムの人と深いつきあいせんようにしてるねん

息子が2人おるねんけど正反対の二人でねえ。
長男は最高の時に最高の結婚式したけど、その後転職転職で。
次男は結婚が遅くて、写真撮るだけの結婚式だけやったけど。

息子のうち一人は近くに住んでるから、金曜日は来るねん。
普段はジムのお風呂に入るんやけど
その日はお風呂掃除せんなんから大変やねん

などなど
いっぱいいろんな話を、ひとりでしてはりました。

待合室に移動したら、
11番のオバサマは、すぐにどこかに行き。
私はようやく静かにひとり、眠りの国にちょっと...

約1時間後に戻って来たオバサマは
7番目のオバサマに
どこに行ってたか話しはじめました。

なんでも、病院の近くに
行列のできるパンケーキ屋さんがあったそうで
行列が長くなる前に潜り込み、食べて来たらしい。

ホットケーキよりふわふわしてて
ベリーとか飾ってて、綺麗やったよ
生クリームがピッピッピッと飾ってて
コーヒーと一緒に注文したら1580円もしてん。

で、7番目のオバサマが診察に呼ばれて入ったら
3人一緒に待合室にいた
8番、9番、10番のオバサマの隣に移動し、
同じ話を繰り返し。

8番目のオバサマの診察の順番になりましたが
引き続き9番目、10番目のオバサマ達に
「ジムに通ってるねん」あたりの話を
詳しく詳しくしはじめ。

あー
待合室で踊って見せるんじゃありません。

その後、どういうわけか
11番目のオバサマが先に呼ばれ、
膝への注射が終わった模様です。

「あーこんなに早いのはじめてやったぁ」
「前ね、ここの違う先生に注射してもらった時があって
 すっごく痛かってん。あとで院長先生に言うたわ」
と9番目10番目のオバサマにいい
帰り支度をして、ひとり先におかえりになりました。

9番目、10番目のオバサマが
検査で呼ばれたりしたら
話し相手を探しに私のところに来るんじゃないと
ヒヤヒヤしてましたが
とりあえず来なくてよかったー

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村








nice!(1)  コメント(0) 

日帰りでライブ行ってきました [おでかけしました]

いつもは2日連続公演がある県へ
今回は1公演だけなので、日帰りで広島に行ってきました。

スケジュールが発表された時に
広島は1日公演で、翌日が高知公演だったのです。

うーん。
昔、高知でライブ見たなあ。
その時はすごく若かったので、
岡山まで新幹線を使わず、快速電車か何かで
京都のライブ友達とずーっとおしゃべりしながら移動。
岡山からは瀬戸大橋の下を通る列車で移動して
高知入り。

夜はライブのあと、
岡山の知人とお好み焼きを食べて、
当時あった「ムーンライト高知」という
夜行列車に乗って、京都の友達と
大阪に帰ってきたのでした。

...今思うと、すごいタフなスケジュール...
しかも、ムーンライト高知は、
横になって寝れる車両の予約は満員で
私は座席の椅子をリクライニングにして
寝る座席だったと記憶しています。

当時のJRですから、リクライニングといっても
そんなに倒れないし、シートも硬かったかと。

今はその電車もないし、
夜行バスとか夜行列車で帰ってきたら
2、3日疲れを引きずると思います。
かといって、翌日高知から大阪まで帰るために
調べて見たら結構時間がかかるので、広島公演だけにしました。

いつも1〜2泊の荷物を持って行く広島。
なのに今日は、仕事に行く時よりも
少ない荷物で新幹線に乗って、
すっごく心もとない気分になりました。

広島に到著したら、
別移動していた大阪のライブ友達と、
昨日から移動していた東京のライブ友達と、
その同級生さんたちと合流。

人数が多かったせいか、いつもの喫茶店なのに
端っこのドアで仕切られた隔離されたような席に
案内されまして。

そこで遠慮なく喋る喋る。
これからライブなのに、
この時点で笑いすぎで
結構体力を消耗してしまった友たち(汗)

会場に移動して、いよいよ開演です。
2週間前に地元近県で観たので
まだいろいろと記憶が残ってます。

ライブ中のことはまた別の機会に書くとして。

終演後、本格的な雨のなか
駅に向かい、予約していた新幹線に無事乗車。
これを逃すと、岡山までしか移動できないようです(怖)

大阪のライブ友達とは、
ライブのち反省会と称して妄想したおすのが
恒例です。
今回も、新幹線で1時間半、妄想したおしました。
声のボリュームはかなり落としましたが
周りの席にはたくさん「お仲間」が
いてらしたようです。

サクサクと帰宅して、12時20分ごろ
我が家に到著。
夫さんがお風呂のお湯を置いておいてくれてたので
先にメイク落としがてらお風呂に入って、汗ながして。
1時前に晩御飯食べて。

2時頃に就寝でございます。
なのに、全然寝付けないんですよ〜
体力は使ったし、お腹もいっぱいなのに。
楽しかったんだなあ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村








nice!(1)  コメント(0) 

持つべきものは妄想ライブ友達 [おでかけしました]

ライブに行くのは年に10回ぐらい。
地元大阪だけでなく、兵庫、京都、滋賀、岡山、広島ぐらいまでが
いつもの行動範囲で、
まれに名古屋、浜松、下関、小倉ぐらいまで
足を伸ばします。

近畿圏と広島には
ここ10年ぐらいは、大阪のライブ友達と
一緒に行くことが多いです。

二人とも、ライブに行く時は
「きれいなお姉さんでいきましょう」を
合言葉に、いつもより綺麗にして行きます。

ステージの上にいる人たちに
少しでも機嫌よく「お仕事」してもらえるように。
楽しみにして会場まで来たんだな、
頑張ろう、と思ってもらえるように
必要な時に、めっちゃノリノリの動きをします。

周囲の同様のファンの方々もほぼ同年代ですが
ここ何年か、動きがどんどん大人しくなってきました。
昔は同じぐらいか、もっとノリまくりの人も大勢だったのに。
特に腕が上がらない様子です。

...なるほどねえ。
私も4、5年前に40肩らしいものを経験して、
ライブ友達も去年は肩の高さまで腕が上がらないと
言ってましたが、皆さんもそうなのかしら。
ジャンプもする人が減って、滞空時間も短い様子。

そんな中で、私たちはとても目立ちます。
(自分たちだけで言ってるだけかもしれませんが)

仕事で定員800人ぐらいのホールで
年に1回人前に立つ経験とか、
2年に1回2000人収容のホールの舞台で
7分ほど実技を披露したりもしますが
客席の人の顔って、意外と見えるんです。

目立つ動きをしたらなおさら。

全方向の客席を見るようにしていますが、
その中でみつけた自分の「味方」を
してくれるお客さんの方ばっかり
見てしまうこともあります。

見てもらった、シンクロした、なんてことが
3時間のうちに何回もありますと
やはり妄想ではない、と思えてしまいます。

昨日も今日も。
帰りの電車で「妄想ではないよね」と
あの時、そうそう、この時も
うん、見た見たー!と
二人で妄想だだ漏れ、ホクホクしながら帰ります。

ライブの楽しみ方、おかげさまで倍増です。
持つべきものは、妄想ライブ友達です。
いつもありがとうございます。
これからも長いおつきあいをよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村







nice!(1)  コメント(0) 

ライブ前に寄り道失敗したけど、結果オーライ [おでかけしました]

今日は近県でライブです。
実は通勤の定期券で行ける範囲。
週に1度リハビリに通ってる病院の近くなので
なんだか変な気分です。

一緒にライブを見る友達と待ち合わせ時間より
早めに家を出て、乗り越しして、
職場より一つ向こうの駅の駅前にある
大型手芸店に寄り道しようと計画していたのです。

知人のために手提げ袋を作っているのですが
長めの皮の手提げパーツって
扱ってない手芸店が多いのです。

確か、あの駅前の手芸店チェーンで買ったなー

しかし。
新快速で1駅進んだところで電車がストップ。
なんでも、踏切で立ち往生した人がいて
緊急ストップのボタンを押した方がいたらしく
安全が確認できるまで、全線ストップ。

20分後、安全が確認できたので
電車は再び走り始めましたが。
で、各駅停車の電車に乗り換えるべく
ライブ会場近くの大型の駅で降りましたが。

次の各駅停車は20分後にしか来ない。

えーっと。
暗算しました。
今から20分後に各駅停車に乗って
目的の駅まで20分ぐらいか。
買い物して、こっちに戻ってくると
多分待ち合わせ時間をオーバーする。

予定変更。
この駅周辺に手芸店はないものか?
スマホで検索して行ってみましたが
目当てのサイズがなく。
こうなったらamazonで買うかな?

ダメもとで駅の下に何軒か布地を売ってる
小型の商店街があるのを思い出して
ブラッと通ってみたら。

ナント、そのうちの1軒に目当てのサイズのものが
ありました。
スゴイなあ。

というわけで、予定変更しましたが
目当てのものが手に入りました
結果オーライです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村







nice!(1)  コメント(0) 

夫さんと美術館におでかけしました [おでかけしました]

世間は3連休であります。

私は土曜日に出勤でした。
出勤してる人が少なくて。
その割に電話がいっぱい掛かってきたり
気力を使いました。

帰宅後、晩御飯を食べたら
眠くて眠くて。
リビングのソファで「ちょっとだけ」と休んだら
気づいたら夜中の2時半(汗)

とりあえず、目が冴えてしまうので
お風呂には入らず、お布団に移動しました。

日曜日。
連休2日目の夫さんが
「バベルの塔展を見に行こうと思う」と
提案してくれました。

行きましょう、行きましょう。
美術館は好きなんです。

ホントは、神戸の方でやっていた
「怖い絵」も興味があったのですが
フェイスブックで連日すごい人出であると
観に行った知人たちがレポしてくれるわ
私も足が痛いのの最盛期でしたので
ちょっと行きたいと言い出しにくくて。

さて。
バベルの塔展は来週までなのですが
さすがになかなかの人出です。

高校時代だったか、中学時代だったか。
世界史の授業だったか、美術の時間だったか。
両方だったのか、全く定かでありませんが
フランドル地方の冬は寒くて、雪に閉じ込められるので
室内で細かい作業をするため
細密な版画や絵画が生まれた、なんて聞いた記憶が。

「バベルの塔」の作者は、確かその細密な絵を書いた、と
カラーの絵画とともに紹介されていたなあ。

美術館に展示されていたのは、
最初はやはり宗教がらみのもの。

えーっと。
旧約聖書のエピソードやら、
聖人やらがたくさん出てきます。

...このジャンルの知識は
「聖 おにいさん」レベルの知識しかない。。
残念ながら勉強不足なので、うっすいです。

いろんな知識が要るなあ。

芸術の発展には、古くは信仰心。
次の時代は、財産のある人の支援。
次は、商業ベースで「売れるもの」
その次の時代は、自分の内面の表現。

ちょうど「バベルの塔展」は、
この全部にまたがっている時期で
それがわかる展示がなされていました。

宗教画から離れていくにつれ
庶民の喜怒哀楽が、絵の中に込められていくのも
自由な発想が許されて、それを真似るムードが
うまれたのも、よくわかりました。

そして。
なかなか自国から出ないという
本物が展示されていましたが
「かなり間近で見るための行列」がすさまじくて。

その列の後ろから観れますよ、という
スペースから観たのですが。
さすが、すっっっごく細密で。

その次に展示されていた300%に
拡大複製されたものより、ずっと迫力がありました。

いいもの見ましたー

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村






nice!(1)  コメント(0) 

初めての文楽、面白かった!! [おでかけしました]

バレエの先生が入院されてた間に
私が暇つぶしのために貸していた本のなかで
文楽に関するものがありました。

カタイ本でなくて、
ストーリーを楽しめる小説と
その作家さんがその小説を書くための取材の様子である
初心者によるミーハー心丸出しのエッセイ。

この2冊が先生も面白かったらしい。
私もこれを読んでから、
文楽ってみてみたい、と
かねてから思っていたのです。

で、駅で入門者向けにお値段お安く
&場所もいきやすそうな文楽の公演のポスターをみて
先生をお誘いして、初めて文楽をみてきました。

10年ほど前に、
いろいろと改革をする市長が
文楽についていろいろと意見を言われてたのです。

...まあ、一理あります。
「敷居が高い」という先入観が否めませんし
一部の愛好家だけが楽しんでるようにしか
私たちには思えませんでした。

...確かにこの公演のポスターをみかけなかったら
私は自転車でいける距離なのに
専門劇場に出かけてまで文楽鑑賞しなかったでしょう。

その後、文楽業界の皆さんは
ものすごく、ものすごく頑張られました。
外へアピールするのって、大変だっただろうなあ。
観客動員数も大層増えたとニュースで見た覚えもあります。

その甲斐あって、市からは保護を継続、ということに
なったようです。

私は落語を聞くのがかなり好きなのですが
落語にも「じょうるりを習っていて、語るのが趣味」な人々が
かなりの頻度でお話に登場します。

今日は、初めて、浄瑠璃というものを
生で聞きました。

ははぁ、これは素人がお稽古でかじっただけで
やったとしたら、かなりおかしなことになるな。
...落語家さんが演じてはる様子と脳の中で一致しました。

なるほど。
1つの人形を操るのは3人で、
うち1人は顔を出して操作してますが
あと2人は黒子の衣装なんですね。

冷静になってみると、結構可笑しいんです。
今日見た1場面では、
舟の上に4人(の人形が)乗っています。

舞台の上で舟の周りに大の大人が集まって
4人×3人プラス舟の動きを助けている人が2人も
身を寄せ合ってせっせと人形に演技をさせている。

それに気づいた時、一瞬可笑しくなりました。
技術力がすごいです。
その14人ほどが完全に一致団結してて。

しかも、離れたところで語っている人と太棹三味線も
その演技とピタリと一致してて。

なるほど。
顔出ししてるのは、
技術力を芸にしています。
匿名でやってるわけではありません、
誰が人形をメインで操っているかも見所です、
という意味も含んでるんだな、と思いました。

実際、人形さんの表情がスゴイ。
顔の角度、首の振りがちょっと違うだけで
全然違う様子に見えるのです。

これは、今日のように開演前に解説がなくて
芸術に疎い人が見たら
「何やってんだか」と言ってしまうかもしれない
危うさです。

入り口でもらったパンフレットに
いろいろ公演案内が入ってました。
先生と
「次、国立文楽劇場に見に行ってみようかー」と
話しちゃいました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村










nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - おでかけしました ブログトップ
メッセージを送る