So-net無料ブログ作成
検索選択
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ
踊る☆おひとりさま ブログトップ
前の10件 | -

あばらの間に浮き袋が入る感覚が良かったらしい [踊る☆おひとりさま]

先週月曜は祭日だったので
バレエのお稽古はお休みして。
今日は2週間ぶりのお稽古でした。

今日も先生とマンツーマン。

お稽古の最初の方で、バーを片手に持って
立ったまま片足を動かす内容のものがあります。

このとき、動かしていない方の足だけで
ほぼ体重を支えていますが、
普通の生活だと、片足重心で立ったら
腰が横に出がちです。

しかし、バレエのお稽古では
片足で立っても体の中心にある軸は
横にも前後にも崩さないこと。

今日は、それをさらに意識しやすくなる
コツが見えた気がしました。

それは、わき腹にあるあばら骨の間に
指の太さぐらいの浮き袋が挟まっているイメージ。
息を吸って、その袋に空気を入れると
体重によって背骨の間が狭まるのを防いで
肺があるあたりの胸が、上に引き上がっている感じ。

息をいっぱい吐いても、
浮き袋の空気は抜かないように
呼吸の方法に気をつけねば。

さらに、腕を横へ広げて、
さらに肩から肘あたりが
特に外側へ引っ張られるようにすると
肩がイカリ肩にならなくて、バランスが安定して
いい感じです。

このコンビネーションがうまくいくと、
足へかかる体重が軽減される気がします。
....物理的に奇妙なことを言っているのは、
 うすうす承知してますが、実感としてはそんな感じなのです。

回転もジャンプも、今日はこれでうまくいきました。
次回まで覚えられてるかなー

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村






バレエ教室のハナちんに甘えられました [踊る☆おひとりさま]

月曜の夜は、バレエのお稽古の日。

お稽古場に行くと、
ガスストーブの前に、先生の猫さん、ハナちんが
座ってます。

で、ドアが開く音がすると
なで肩の肩越しに振り返って
誰が来たのか、確認します。

私が来たら、にゃーーーーと言いつつ
ドアの近くまで小走りでやってきます。

あーハナちん、待ってねー
洋服の下にレオタードもタイツも着ているので
上に着ているものを全部脱いで、
バレエシューズとかあれこれを持って
お稽古場に入ると準備万端です。

で、お稽古場に入ると
ハナちんが私の足元にスーリスリしに来ます。

ハナちんのスリスリは不思議で
そんなに強い感触ではなく
両方のふくらはぎにそっと寄り添う感じです。

で、そのハナちんのお腹の横にそっと手を当てて
軽くヨシヨシとすると、ずっとそれを続けて、と
いうアピールをしはります。

または、ストーブの前に体育座りで座ると
膝裏の角っこに、軽く頭突きをして
そこに頭を埋めに来ます。

その時は強めに
「ヨーシヨシヨシヨシ」します。
で、ハナちんが頭突きを繰り返します。

で、寝転んで顎の下を上にあげはるので
そこをヨシヨシすると、もっともっとと顎をあげます。
んんんーーーかわいいなあ
もっとヨシヨシするぞー

と、頬のあたりまで拡大すると、コロン、と
寝返りして、私の手を枕にして、目を閉じて
スヤスヤいわんばかりにくつろぎます。
ヨシヨシを止めると
「えっ、ナンデ?」みたいな目で見られます。

しかし。
最上級になると、理解不能です。

私の親指と人差し指の間の
水かきのところに噛み付くのです。
噛みつき力の強いこと!

猫さんは、猫さん同士「遊ぼう」の合図で
甘噛みするそうですが、ハナちんの甘噛みを超えてます。
昨日もお稽古前に、結構強く噛まれました。
痛いよー

まあ、いいか。
ハナちん、また遊ぼうね〜

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村






バレエのお稽古は複数がいいわぁ [踊る☆おひとりさま]

月曜の夜のバレエのお稽古は90分。

以前はユミコさんとかマイちゃんとかもいてらしたのですが
二人は来なくなって、かなり上手なリエさんと私と2人でした。

しかし。
リエさんがちょっと語学留学で日本を離れることとなり
しばらくは先生とマンツーマンでした。
時々、水曜クラスでご一緒してた人が
「今週水曜来られへんから」代わりに月曜のお稽古に、と
やって来られたり。

今日、久々にリエさんがお稽古合流〜
もう、超久々です。

やっぱり2人はいいですねえ。
テンポがいいです。
雰囲気が良いです。
うまくいかなかった時の照れ隠しの笑いも分かち合える
(苦笑)
先生もマンツーマンだと効率悪いし、
気詰まりだったことでしょう。

私は膝がまだまだ本調子でないので、
「リエコさんはこの動きやめとこうかな」みたいな
気遣いをしていただいてます。
特にジャンプが入るもの。

何故か、今まで跳び上がる動作の時に軽く痛みがあったのです。
...バーを持ってジャンプの動作を
分解したり、腕の力を借りて足の負担を少なくしてました。
着地の際、足の裏とか足首の使い方が上手になったらしく
痛みはほとんど感じません。

リエさんは普通のお稽古内容なので、
私も無理しない程度で、今まで避けていた動きも
コッソリちょっとずつ試してみることができそうです。

リエさんは来週から月曜のお稽古に
本格復帰される予定だそうです。
やったー

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村









自分の視線のくせに気づきました [踊る☆おひとりさま]

何だか不調の原因がわからないと
とにかく不安定ですが、
多分神経痛だな(年寄りみたい...)、と見当がつくと
案外キモが座るらしく。

今日はいつもの月曜の過ごし方をしました。
時々ちょっと痛いけど、金曜や土曜ほどではない感じ。

ごっつい寒いなか、自転車で川沿いの道を20分。
体操教室1時間。
帰りも自転車で20分。
市場で買い出し。
お昼ご飯のあと、お昼寝してから晩御飯づくり。
夜はバレエのお稽古。

バレエのお稽古は、ここ3ヶ月ぐらいは
ずっと先生とマンツーマンです。

膝の具合を考えていただいているお稽古内容なのが
ものすごくありがたいです。

バレエ教室のクリスマス会で
膝が痛くてお稽古をお休みしているお仲間が
「りえちゃんと一緒に膝リハビリのお稽古なら
できるかもー私も月曜のお稽古来ようかな」って
言ってらしたのですが、まだ参加されませんねえ。

とりあえず、膝をいたわりつつ、足の筋力を落とさず。
先生を独占できる状態で、いつのまにか付いた癖を
矯正しちゃおうと、目論んでいます。

今日の課題は、視線。

どうもいつも鏡に映る足や
自分の視界に入る、自分の手を見る癖があるらしく
ちょっと視線が下向きになっている様子。

「もうちょっと顎あげて」と
先生からご指摘があり、ちょっと視線をあげてみたら。
鏡の中の自分の目にぶつかって、大いに戸惑い。

しかし、胸や肩甲骨あたりの重心バランスが
いつもと違う。
いい感じかも。

しかし、真横を向く時などに
いつもの顎の位置になって「あれ?戻さないと」と
戸惑う状態。

いやぁ、見えてる世界が違うわ。
新鮮です。
いい感じなんで、もうちょっと慣れよう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村









ようやく膝が曲がるようになってきた [踊る☆おひとりさま]

ちょうど2年前に左膝、
7ヶ月前に右膝の、それぞれ内側の半月板を傷めまして。

整形外科からは
「もう来なくてもいいですよー
 また困った状態になったら来てね」と言われる回復具合。

週に1度は整骨院で痛みをとって回復を早めるという
電気治療をしています。

それと平行しながら、バレエのお稽古を週1回。
体全体のメンテナンスがてら、体操教室に週1回行ってます。

半月板を傷めると。
膝周りがめちゃくちゃ腫れました。
曲がらなくなって、伸びなくなって。
あぐらを組んで座ることができなくなって。
小走りもできません。

えらいこっちゃ。

膝って、意外な時に使います。
一番「ええっ」と思ったのは、寝転んでいる姿勢で
寝返りうつとき。
とか、
仰向けに寝転んでいる時に、足を伸ばした状態が続くと
それで固まってしまうのか、膝が曲がらなくなります。

バレエのお稽古で「ちょっとやめとこ」という
動きは、ジャンプ系。

着地の時も「あれっ」と痛くなりますが、
着地の時に足の裏の使い方次第で、痛みが少ない動作が
何となくわかってきました。

意外なことに飛び上がる前の時に痛みます。
少し膝を曲げてタメを作ってたのに
いざという時に「あれっズシッと痛いいっ」となります。
...実は、2度目の右足はジャンプで飛ぼうとして傷めました。

最近、やっと回復して来た実感がじわじわします。
浅い組み方でですが、あぐらを組んで
座ることができるようになりました。

うわー嬉しい。
ジャンプ系も、着地の時の痛さは回避できてきて
飛ぶのも力の抜き加減がうまくいってます。
足の裏を全部地面につけたまま、
片足でバランスを取って立つことができるし。
回るのも半分ぐらいできるようになってきました。

あとは、グランプリエ(深い屈伸)ができるようになったら
バッチリですね。
もうちょっと、もうちょっと。
焦らずにいきましょ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村








久々の通常のお稽古、いい感じでした [踊る☆おひとりさま]

月曜の夜のバレエのお稽古は
ここ3、4回は「クリスマス会の練習」を
後半やっているので、
ホントにバレエのお稽古になっているのは前半40分ぐらいです。

しかし。
他の曜日の生徒さんには極秘のプロジェクト。
月曜に他の曜日の生徒さんが来ることになり、
昨日は通常のバレエのお稽古内容になりました。

膝を傷めてから、少なめに調整したり
先生がメニューから省いてくださっている動作があります。

例えば、グランプリエ。
深い屈伸です。
半分ぐらいのドゥミプリエはやります。

それから、ジャンプ系。
着地の時よりも、飛ぶ前のタメの動作とか
飛んだ後の空中で衝撃が強い気がします。

片足で爪立ちになるルルベも
2度目に傷めた方の足は、少しだけにしています。

しかし。
昨日はユキコさんとご一緒のお稽古だったので
もう、全く普通のお稽古です。
いつもどおり、負荷が掛かりそうな動作は軽めにしつつ
お稽古してましたが。

ここしばらくの中では、一番よく動けてたかも。
ジャンプ系も案外跳びましたよ。
できない事は無理せず、
できる事はじっくり続けていた甲斐がありましたね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村










衣替えしたら、いい衣装が出て来た [踊る☆おひとりさま]

火曜日にとりあえず衣替えしました。

その時に冬物の衣装ボックスから出て来た
長袖のカットソー。

確かこれは、衣料品メーカーのセールで数年前に
1000円で買ったやつだー
色はドピンクで、超タイトなラインで、
胸元に細かい、立ったフリンジがついてて
襟が立つ形で、肩にもタックがついてて。

すっごくキザでおしゃれな形。
何回か着ましたが、
腕の付け根が人一倍太い私が着ると
かなり肩から二の腕がムッチリします。

タイトなラインでストレッチ素材なので、
前ボタンを閉じると
バストが「寄せて上げて」になります。

これ、バレエのクリスマス会の
ダンスのお相手の人形の衣装にしたら
ちょうどいいかも。

月曜のお稽古の時に
仮に作って行ったので、
改良点のめどは立っているのです。

ボディを作り変えて、まずはそれに
レオタードを着せて。
その上にこのカットソーを着せました。
で、バレエの巻きスカートを2枚重ねて巻いて
安全ピンで留めてみる。

おお。
これ、かなりカッコイイお相手ができたかも。

あとは「胸」と「お尻」を作ってあげて
赤い靴を履かせたら出来上がりです。

また月曜のお稽古に先生に見ていただこう〜

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村





バレエ教室のクリスマス会のダンスの相手を作る [踊る☆おひとりさま]

例年恒例のバレエ教室の忘年会。
今年は踊りを披露しようということで
月曜のレッスンでは先生と極秘プロジェクトを進行中です。

久々に社交ダンスの靴を履いたら
いろいろと芋づる式に思い出してきて タンゴの動きを取り入れた踊りです。

で、一人で踊るわけではありません。
先生が昔見たという、人形を振り回しつつの踊りを
やってみようということになっています。

というわけで、自宅にあるもので
仮に私の「ダンスのお相手の女性」を
作ることになりました。

<用意したもの>
バレエのタイツ 同じ色2本
レオタード 1着
バレエのお稽古で着る巻きスカート 2枚
ハイネックのカットソー 1着
包装に使われるプチプチの緩衝材 適度に
白いゴミ袋 4枚
スーパーでもらう買い物袋 多数
安全ピン 3本ほど
100円均一で探してきたのが
ゴムひも
レースのソックス

さて。
まず、ぷちぷちを巻いて、ゴミ袋で包み
筒状にしたものを4本作ります。
それをバレエタイツの足の部分にそれぞれいれまして。

タイツ1本には、レースのソックスを履かせました。
足先の部分は、ぷちぷちではなく、
折りたたんだ買い物袋を入れました。

ぷちぷちを何枚か重ねて、さらに袋で覆って
胴体にします。
「足」が入ったタイツに履かせます。
それをレオタードに通し。

さて。
カットソーの袖に、「腕」としてタイツを通して。
「足」と一緒にレオタードと合わせて
巻きスカートを巻くと。

頭はまだないものの、
ダンスのお相手になる人形ができました。

人形の足と私のダンス用の靴を
ゴム紐で結びつけると。

おおっ
ヘンな格好ですが、
ちゃんと「人形と踊るんだな」というのが
わかるビジュアルになりました。

今日は、その出来立てのお相手と
お稽古しましたよ。
振り付けもバッチリです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村




一緒にバレエやりましょ〜と誘われました [踊る☆おひとりさま]

膝の痛み緩和のために
週に1回整骨院で電気治療に通ってます。

最初に傷めた左膝がよくなってきたと思ったら
今年の4月に右膝も傷めてしまい
ようやく右膝の腫れと痛みが軽くなって来ました。

そうこうしながら、バレエのお稽古は
週に1回は通ってます。

私の通う整骨院はスタジオやジムが併設されていて
スタジオではバレエのレッスンもやっているようです。

今日はちょうどレッスン日らしい。

バーを持って足慣らしをしている様子を見ると
初心者さんが4人ほど。
30代〜40代かなーと思われる女性と
60代かなーと思われる女性。

その様子を横目で眺めながら
自分の目的の部屋に入って。
1時間電気治療を受けまして。

階段を降りてきたところで、
バレエのお稽古を終えた、60代かなー女性と
「お疲れ様でした〜」と声をかけますと。
雑談の始まりとなりました。

バレエ楽しいわぁ、あなたも一緒に習いましょうよーと
誘われましたが。
いえ、私、家の近くで習ってるんですよーというと。

ええ〜
あなたスラっとしてはるものねえ
↑....それは見間違いだと思いますが(汗)

ぜひ一緒にお稽古に入って〜
お手本になって欲しいわぁ、なんてオバサマがおっしゃいます。

確かに、あの足慣らしぶりですと
みなさん初心者ですから、
先生が指示する動きが(先生の動きが綺麗すぎて)
自分のできる動きとかけ離れてて
どんな動きをしたらいいのか、想像しにくいかもしれない。

バレエを習い始めた頃、確かに覚えがあります。
その頃は先生の姪ごさんが一緒にお稽古してらして
一挙手一投足、完璧にまねっこしてました。

それで動きのイメージとか
法則らしきものとか、音楽の取り方とか
なんとなくイメージしたり丸覚えした記憶があります。

ちなみに、そのオバサマ、70代だそうです。
ビックリです。お若く見えます。
楽しそうだなあ〜
頑張ってくださいね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村








社交ダンスの靴を履いたら思い出す思い出す [踊る☆おひとりさま]

毎年恒例のバレエ教室のクリスマス会で
先生とこっそり企み中なのが
先生が昔みたという、人形と踊る男性ダンサーの踊り。

踊りもバレエというより社交ダンスだったそうです。
以前、バレエの先生の学校の後輩で
社交ダンスの先生が、このスタジオでクラスを持たれてて
私もせっせと通って、いろいろ基礎を身につけました。

その後、社会人の社交ダンスサークルに所属して
4年ほど初級者〜中級者のお稽古を受けてました。

バレエの先生の中には、
私は男役のイメージがしっかり強くて
あんまり女性女性した踊りを振り付けてもらったことがなく。

今回は先生が見た、あの人形とのダンスを
先生のテイストで再現することとなりました。

ということで、昨日のバレエのお稽古には
社交ダンスのお稽古で使っていた靴を持って行きました。
お稽古で使っていたのは、ティーチャーズシューズといって
かかとは3センチのヒールがついているものの
黒い総皮で、紐で結んではく靴です。

5年ぶりぐらいかなー
先生がバーレッスンの途中で
「りえこさん、履いてバーレッスンの続きやってみて」

箱から出して、中敷入れて
紐を緩めて、履いて、紐を締めて。
両足で立った瞬間に「あっ」と思いました。

この感覚!
足の指へかかる圧。
かかとへの重心のかかりぐあい。


うわーーーー
なんだか、タイムスリップした感覚になりました。
社交ダンスに関わるあれこれの記憶が
頭の中で一気に押し寄せました。

まるで「頭の中の社交ダンスの引き出し」が
バサっと開けられたみたいに
芋づる式にいろいろ出て来ました。

わぁ、すごい。
人間の脳ってすごい。

以前プロの男女に振り付けたタンゴの曲が大好きで
それを今回使うことになりました。
先生は社交ダンスのお稽古は
ほんの少しご一緒しただけなので、
私が思い出すタンゴの足型のエッセンスを
随所に盛り込みながら、曲の半分ぐらい振りがつきました。

あとは音楽を聴きこんで、
体の動かし方をもっと思い出して、定着させましょうか。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村







前の10件 | - 踊る☆おひとりさま ブログトップ
メッセージを送る