So-net無料ブログ作成
たわごとでござる ブログトップ
前の10件 | -

無料の勉強会ほど高いものはないですねぇ [たわごとでござる]

去年から通信教育で勉強して、
ほぼ1年。
やっと半分過ぎたところです。

先日電話が掛かって来て
梅田にその会社のスクーリングの教室があって
無料の勉強会をいろいろやってるんです。
ご興味がある講座、参加されませんか?とのこと。

いろいろ教えてもらいましたが
平日のお昼間が多いんですよねえ。

なんといっても、
20年勤めてますが、有給を10日以上使った年は
2回ぐらい。
ここ数年は3日取れれば良い方の状態が続いてるので
お仕事の日に、半日でも休んで
そういうのに参加するのは、絶望的です。

しかも、大阪に帰ってくるのも夜7時がやっとです。

その中でも、1つだけ参加できそうなのがありました。
というわけで、参加してきました。

なんと言いましょうか。
その日は20人ぐらい受講生がいたのですが
受付のカウンターでちらりと見た名簿の中で
ビジター扱い?みたいなのは私を含めて3人。

他は何かのクラスに参加してる人らしい。
講習中も先生が「○さん」「△クン」なんて
呼んでます。

しかも、開始5分前に滑り込んだのに
教室でなく、個別面談ブースに通され、
係の方が
「ひとりで通信教育で勉強が進まない方が多くて
 こういう通学型に変える人も多いんですよ」と
わざわざお話したがるなんて。

つまり。

通信教育の勉強だけでなく
ナマの勉強もできるし、孤独じゃないですから
こちらに通うようにしませんか?という
お誘いだったらしい。

現に、他の大勢の参加者は
すでにそういう講座の参加者のようでした。
...みんな若いなあ。
通ったことはないですが、大学みたい。
しかも文系の。

私の在籍してた(どちらかというと)
理系の専門学校とは、随分ムードが違います。

勉強会は、さすがそのスクールの人気講師らしく
非常にお話上手でした。
内容も勉強になりました。

講座の最後に係の方から
「いろいろな講座のご案内がありますー」と
チラシを配って説明がありました。

ナントカナントカのクラス、受講料が8万なにがし〜
「うげげげ」←(私の心の声)
言っちゃナンですが、
私が今やってる通信教育は、お得期間だったので
2つの講座で10万のところが、6万でしたよ。
私の2つの講座はそれぞれ総論で、
勉強して、課題テストを添削してもらったら
その後試験を受けて、資格を名乗れます。
(受けるかどうかは検討中)

そのときいくつか言ってた
ナントカナントカのクラスは、全部各論っぽい内容。
テストを受けるためのものではありません。

社会人なんで、勉強など
自分のための投資で考えるのは
「かけた費用が回収できるか」
「回収できなくても、他で学べない値打ちがあるか」
を考えます。
この方面の勉強は「私は回収できなさそう」
「教科書で勉強しつつ、仕事で半分実習になりそう」
したがって、今の学習方針で十分です。

講座終了後、受講生どうし(お仲間)で
おしゃべりしている中を
長居は無用、とささ〜っと帰ろうとしたら
担当の方が追いかけて来ました。
ひえぇぇ
教室の前で待ってたんですかい

やっぱり私、ひとりで勉強する方が
しょうにあってます〜とお断りして
帰って来ました。
タダより高いものはありませんですねえ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村







nice!(1)  コメント(0) 

夢見が良い街はまた行きたいと思う [たわごとでござる]

ライブ旅で、いろんなところに行きます。

仕事ではきっと訪れない街。
ライブのスケジュールで毎年あるわけではない街も
あります。

今回行ったのは、13年前に行ったことのあるところです。
私が前に行ったあとからライブスケジュールにも
入っていなかったそうで、13年ぶりだそうです。

ホテルは一番駅に近いところを確保。
この系列のホテルはほとんど利用したことがなかったのですが、
思ったよりお手頃なお値段で取れました。

チェックインしてビックリ。
ナント、ツインのシングルユースですか。
わぁ贅沢。

窓も大きいなあ。
いつも泊まるようなビジネスホテルとは
随分グレードが違います。

ライブのあとに帰ってきて、
窓のそばのミニテーブルで晩御飯を食べました。

窓の下には、駅に入る電車が見えたり。
良い感じだなあ。
こっちがどの方角かイマイチわかってないけど
ちょっとカーテン開けたまま寝ようかな。

で、明け方に見た夢が綺麗で
寝覚めも良い感じでした。

沼の一升瓶に挿した陶器の白い鳥が
沼の魚をくちばしで捕まえて、
クッと丸呑みしたあとに、飛び立とうとする。

それをカラスが後ろから邪魔しようとしたので
岸で見ていた私は、そばの地面にあった
割った長い竹でカラスを阻止しようと追いかけていたら

白い陶器の鳥(名前は「キキ」らしい)は
カラスをかわし、すり抜け、逆光の中
サラリと七色の翼を広げて、空に上昇していきました。

私は「キキ!」と呼びかけて終わる、という
非常に色彩が綺麗でキラキラした感じの夢でした。

これは私とこの街の相性が良いってことかなあ。
その逆もあります。
実は、夢見が悪くて、行きたくない街が東京なのです。

案外近いから、また機会があったら行きたいな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村






nice!(1)  コメント(0) 

来週スケジュールがいっぱいいっぱい [たわごとでござる]

スマホにスケジュール管理アプリをいれています。
夫さんにもスケジュールが見えるようになって
共有することができます。

今、週1回は整形外科へリハビリに通っているので
その予約時間を忘れず登録して。

お仕事が休みの日も登録しておくと
夫さんもスケジュールが把握しやすいらしい。
逆に、私が仕事の土日なんかに
ゴルフの練習をいれたりしはります。

あと、私がライブに出かける日。

一時よりは少なくなりましたが
フェイスブック仲間と集まる日や
勉強に行く日。

それから、会社の忘年会のスケジュール、と
登録していくと。

...えらい来週が毎日「何か」が入って
イッパイいっぱいの週になりました。

日曜 ライブ
月曜 こちらに帰ってくる日 夜はバレエのお稽古
火曜 整形外科でリハビリ
水曜 勉強会
木曜 バレエのお稽古 
   生ピアノでクリスマス会のリハーサル
金曜 会社の忘年会

土曜がやっとおやすみです。

うげげ。隙間なし。
月曜にこっちに帰ってきたら、
お買い物に行って
晩御飯、作り置きしとかないと。

土曜のお休みには、また抜け殻になってそうだなー

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村








nice!(1)  コメント(0) 

ラブソングを歌う人の表情は想像だけにしましょう [たわごとでござる]

さて。
毎年10回ぐらいライブに出かけます。
一昨日も行ってきたところですが。

そんな何回も行って、面白いの?と
若い頃からしょっちゅう尋ねられますが、
ズバリ「面白い」です。

メニューの入れ替わりがスゴイのです。
今はもっと減ってると思いますが、
若い頃、家に帰って曲順を書き出してた頃
1回のライブで25曲ぐらい演奏してはりました。

多い時には、その中で10曲ぐらい日替わりでした。

今でも同じツアーでも同じ内容のライブは、ほぼないので
行くたびに「今日は何かな」が楽しめます。

最近、もっぱら楽しいのが「妄想」
ライブ友達と隣の席で観て、
帰りにお互いの妄想を披露して、支援します。

今のツアーで固定メニューに入っている最新の曲。

座って聴くコーナーで演奏してもらえるので
じっくり聞かせていただきます。
非常に綺麗で、繊細なイントロから始まり
♪あなたのために....
とロマンチックな歌い出しの
激甘のスローなラブソングであります。

メインボーカルは、私の推しメンですが
実は、歌が苦手らしい。

いい声だと思うんですがねえ。

同じグループの中に、すごい歌が上手い人が確かにいます。
その人は、いつ歌ってもほとんど狂いがない。
元が安定してる上に、歌と発音を自分のものにして
それを毎度完璧に再現できる。
これは凄い技術で、感心します。

私の推しメンは確かに、多少不安定ではあります。
その揺らぎが時々すごい威力を発揮してるように思うんですが。

せっかく座ってその現実離れした
甘いラブソングを、ビジュアルでも堪能しようと
オペラグラスで観てみたら。

とっても大変そうでした。

CDと同じように丁寧に
音程も安定させて、うっとりさせるような声で
文字通り紡いでいる音声とは裏腹に。

足元の歌詞モニターを観てはマイクに向かい
感情を込めた声を出そうと口を動かすためか
すごい百面相してました。

わぁ、二枚目なのにラブソング歌う姿って
案外夢がないなあ。
もうちょっと自分で酔って歌ってるかと思ったら、
現実と闘いまくりだった。

お得意なハードな曲で集中しまくって
客席を煽りまくってる時とは
全然違いました。

できるなら、目を閉じて
声だけを聴いてあげた方が良さそう。

あと2回、今ツアーで聴ける機会がありそうなので
そうします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村








nice!(1)  コメント(0) 

運転免許、持ってなくてよかったなあ [たわごとでござる]

自動車の運転免許を持ってません。

まず、実家に自動車はありません。

高校時代は「3ない運動」とかで
バイクも車も免許の取得は禁止。

高校の卒業式終了後に、専門学校の入試で
入試の結果発表直後に祖父が亡くなって
あれこれしてるうちに、入学式になってしまい。
...そもそも、その期間に運転免許をとる計画もお金もなく。

専門学校の卒業式の翌日に
前の会社の入学式があり。

なんて日々を過ごしているうちに
運転免許の必要性を感じない状態に。
大阪は電車が発達してるし、
自転車があればかなりこと足りますからねえ。

ここ数日、高速道路であおり運転とか
いいがかり、みたいな事件が多発してるという
ニュースが続々と報道されてます。

最近、駅の乗り換えや街なかで歩いている時に
以前と比べて「歩きにくいな」と
思うことが増えました。

歩きスマホ。
ガラガラ荷物を「引っ張ってる自覚なし」に持ってる人。
周囲を全く気にしない外国人観光客の小団体がたまる。

今日、駅前で「この人危ないな」と思ったのが
スマホの画面から目を離さず
耳にはスマホからヘッドホンして歩いてる女の子が
正面から向かって来たんです。

しかも、道のど真ん中。

この人、どっちに向かって歩こうとしてるの?
少し前から観察してましたが、全然読めません。
しかも、私が避けようとする方向へ、方向へ合わせて来はる。

思わず、真正面に立ちはだかって
メンチ切ってしまいました。
...コラッ、何ですか、その無表情は。
オバチャンは怒るで...ともうちょっとで言いそうになってしまいました。

そうか。
意味もなく「私は大丈夫」みたいな感覚で
歩いてる人がすごく増えたんです。
協調性がないというか。

以前は「混雑してる道を歩いてる」という
協調性を人々が何となく持ってたと思うんです。
別名「空気を読む」とも言うか。
だから、混雑してるところでも
何となくスムーズに行き交うことが
できたように思います。

今は、個人主義だったり、根拠のない自信とかが
強くなりすぎて、衝突や摩擦の発生が避けられない。

歩いてる時なら、そこそこのスピードなんで
うまくいかなくて衝突しても知れてますが、
自動車でこれはキツイな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村






nice!(1)  コメント(0) 

知人が会社を辞めるらしい [たわごとでござる]

以前、一緒に働いていた同僚から紹介されて
別の会社の方と時々仕事上の連絡を取っています。

同僚が転勤になるときに、
彼女の会社のセールの入場券をいただく連絡を
引き継いだり、時々セールにお邪魔したり。

私も彼女もなかなか
「子供の頃の家庭のトラウマ」が今だに強く残ってて
時々そんな話をメールでしたり。

昨日、彼女から職場に電話がありました。
最近、頻繁にセールをしはるので
またその連絡かな、と思ったら。

彼女が会社を辞めることにしたという話を聞きました。
で、話を聞いたのですが
お人よしの彼女らしい理由と
彼女の気力、体力的な理由です。

お人よしの方の理由は
「そんな理由で辞めなくても」と思うような。
会社の経営陣からは、彼女は引きとめられているそうです。
...そうですよねえ。
 そんな理由で辞めなくてもいいと思う。

やはり、私の元同僚も彼女に
「会社を辞めない方がいい」と説得したそうです。

そんな話をしているとき
私は事務所にいたし、周りに同僚もいっぱいいたし
あんまり込み入った話はできなかったのですが。

来年の半ばに会社を辞めることを
(コッソリと)検討している私としては
会社を辞めるという、人生の一大事を決めるにあたって
「やりたいことがある」
「今の会社を辞めた後の気力&体力の余裕」が
重要だと思うのです。

私にはあるけど、彼女にはないものだな、と
思います。
...しかし、こんな話はいくら夕方と言えど
バリバリの職場のど真ん中で言えるものじゃないわなあ。
(私の密かな検討は、まだ会社に言ってないので)

今度、メールで送っておきますかな。
長文になりそう。

そうすると、元同僚の方にもバレちゃうか。
まあ、いいかー
元同僚には、公になる前に
知ってて欲しかったりするので。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村








nice!(1)  コメント(0) 

誰にも同調できませんわ [たわごとでござる]

あまり書かないようにしている
職場のことですが、ちょっとあんまりにも
あんまりだったので。

うちの同僚(甲さんとします)が、別の部署にいる
甲さんと同じ資格を持つ人に
ある研修会を勧められました。

その人がうちの会社でとりまとめしするし
いい講師が来るから、ぜひ参加したらいいよ〜と
お知らせがあったそうです。

そこで、甲さんは、その研修に参加すべく
会社の中で「研修に参加したいという決裁」を
書きました。

まず、甲さんはもうひとり別の同僚(乙さんとします)
に承認をもらおうと、彼女の机の上に決裁を置きました。

乙さんは私と同業種です。

乙さんはここ2週間ぐらい
ずーーっと仕事が詰まってて、大層忙しいです。
何度か、お手伝いしましょうかと言いましたが
完璧主義の乙さんは
自分で納得いくクオリティで仕事をしたいので
ズボラ系の私には、仕事は任せません(汗)

乙さんは甲さんとは笑顔を浮かべて親しくお話します。
しかし、乙さんは私と話す時は
目を合わせません、かぶせ気味で早口で返事をします。

...これって、私の思い込みじゃないですよね
 嫌われてますよねー
 そうじゃなかったら、何なんだろう。

で、乙さん、決裁をみて、
課内のスケジュールを見て。
「甲さん、この決済の研修の日って
 甲さんの出張の仕事入ってますよ」と指摘。

このとき、甲さんの取った行動がオカシイ。
「去年自分が行った研修だけど
 とてもいい講師が来るから、と勧められた。
 確かに去年行ったら、
 乙さんやりえこさんと同じ業種の人もいた。
 どちらかが参加しない?」

今年、私はもうずいぶん会社から研修に行かせてもらうので
あんまり重なるのは、課内のバランスが悪いと思う。

乙さんは、その研修の時期に
やはり仕事のスライド作りの山があるので
研修に行ってしまうと、会社で作業ができないという。

...残る手は、甲さんが出張の仕事を
私か乙さんに振って、自分が参加するか。
そもそも、時期が悪いので参加しない、のはずなんですが。
...決裁まで書いたんだから、
 スケジュールがかぶるって気づかなかったの?

甲さんの理解できない行動が
絶対「誰かが研修にいく」というのを外さないこと。

私の影の心の声
「なんで甲さんがおかしな判断してるんだろう。
 うちの部署で人手が要るのがわかってるのに」
実際研修参加のバランスもあるし、
私も出張の仕事が重なる時期でもあるし、
繁忙期で社外に出るのは避けたい。
行きますと言えるはずがありません。

結果。
仕事を中断させられ、巻き込まれイライラした乙さんが
「イイです、私、研修行きます」

これで甲さんは納得したらしい。

ホントにそれでいいのかな。
乙さんはとりつくしまもないし。
乙さんが決めたなら、山盛り残業しつつこなしちゃうんでしょう。
もういいや。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村






nice!(0)  コメント(0) 

前を歩く女性たちのかかとに視線釘付け [たわごとでござる]

昨日は夫さんが夜仕事のあとに
お出かけするとのことで
晩御飯いらない、帰宅も遅いとのことで
私も仕事帰りに寄り道。

ちょっと違う駅で降りて、
エスカレーターで改札に向かうときに
ふと前を歩く女性の足元が気になりました。

緑色の素敵なピンヒールだったのですが
かかとがめっちゃくちゃ小さい。

以前持ってた、社交ダンスのラテンシューズで
かかとが7.5センチの高さのものは
かかとと地面の接地面積が
1平方センチぐらいでした。

前を歩く女性のピンヒールのかかとは
高さ5センチぐらいですが、
接地面積がもっと小さい。

社交ダンスは、ちゃんと踊るために整えられた
床の上で歩いたり踊るようになってますが
こんな小さいかかとで街なかの床を踏まなくちゃ
いけないなんて。

とんでもないっす。拷問に近い。

しかも、足を出してかかとに体重をかけるときに
「グラリ」と足首とかかとの間が揺らいでます。
たまたまではなく、
ステップ全部でグラリグラリしてる。

ゲッ怖い怖い。
こんなので歩いてて
足をケガしないなんて、
よほど足が丈夫なのか、
歩くのがお上手なのか。

この人だけかと思ったら
別の女性の足元も。
ヒールはさっきの方より高くなくて
かかとの接地面積も安心するぐらいのサイズですが
踏みしめた瞬間に「グラリ」
2歩目も3歩目も「グラリ」

うわ。
見てる私が足を傷めそうな気分に。
...いや、すでに傷めてますけど(汗)

女性は大変ですね

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村








nice!(1)  コメント(0) 

「しゅうとめさん」の気持ちは複雑だなー [たわごとでござる]

昨日、一緒に大仕事を終えたオバサマのうちの
一人のお話です。

オバサマといっても、
その集団の中ではちょっと若くて、
私よりちょうど10歳年上。

他のオバサマと違って、
週5回フルタイム勤務です。

10歳しか年上でないのですが
ご結婚が早かったようで、
何人かお嬢さんがいて、
すでに結構大きなお孫さんも複数いるそうです。
(あんまり詳細は聞いてない)

去年ぐらいに、未婚だった娘さんが
結婚されたらしいのですが
そのお相手についてずーーーっと怒ってました。
「あんな男にうちの娘が!」

彼女にとって、娘さんの夫さんは「婿さん」
彼女ごしにしか聞いていないのですが
どうも経済的に、あまり堅実でない婿さんらしい。
婿さんの生活費の入れ方について、
不満に思っていると聞いたことがあります。

娘さんは彼女にとって自慢の娘さんらしい。
ひょっとしたら、末っ子さんなのかも。

なるほどねえ。
それ以来、彼女から「婿さん」の不満を
何度か耳にしました。

昨日はそのイベントのあと、
別の遠方のイベントに出かけて、
娘さん&婿さんのお宅に泊まったらしい。

今日、彼女を含むグループLINEのメッセージが
入ってました。

昨日泊まって、ダメダメ婿だけど
気を使わないのがいいところかな、
娘が幸せなことを受け入れないとね。

だそうです。

うちの母にも、昔はずいぶんなこと言われたなあ。
ずいぶん失礼な物言いをすることが予測できて
それが元で、こちらの関係が悪くなるのも予測できて。
過去の元カレを会わせるのを躊躇したら
「なんや、親に会わされへんのか。オマエは愛人か」
なんて、ゲスな勘ぐりされて、
会ってもいない人を罵倒してました。

幸い、私の夫さんのことは
褒めはしなかったけど、罵倒はしなかったのは
ラッキーでした。

しゅうとめさんの気持ちって、複雑だなあ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村









nice!(0)  コメント(0) 

心配いらないめまいらしい [たわごとでござる]

めまいしてる、と気づいてから1週間。

先生が退院されて
猫シッターもようやくお役御免となり
仕事帰りに会社の前の耳鼻科を受診しました。

2年ぶりぐらいですねえ。
診察券の名前が旧姓でした(汗)

で、症状を話して、
耳に何も起きてないのを見て確認して
聴覚検査をして
めまいの時に起こる目の揺れの検査をして。

結論が。
いつもの原因のめまいでなく
軽いやつらしい。
2〜3週間で症状がなくなってきたり
普段から飲み続けるお薬はないらしい。

あ、そうなんですか。

とりあえず、しばらくしたら
症状がなくなってくるのはありがたい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村









nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - たわごとでござる ブログトップ
メッセージを送る