So-net無料ブログ作成

自分の人生を肯定するために他人をディスる人 [たわごとでござる]

ダークな内容で2日続けて書いてみますねー

会社つながりのお客さんと、先生方と一緒に
宴会をしました。

お客さんはほとんどの方が数年来の利用者さんで、
先生方とも10年以上のお付き合いがありますが
仕事の時以外の付き合いは、これが初めて。

私が独身で、そこそこいい歳であることを察した
お客さん(60台女性)が
「りえこさんに良き人を紹介すべきじゃないか」という
興味本位だったりおせっかいだったりするような
話題が宴会の席で、お客さんの間で出たそうな。

で、そこで
実は1年前に入籍したんです、という
カミングアウトをしました。

職場では、ずっと使っている旧姓で通しているのです。
仕事の内容上、職場に指輪はつけて行きませんし。

もう、それはそれは大騒ぎ。
特に、別のお客さん(60台女性)から
「結婚式は?」「新婚旅行は?」
「ダンナさんはどこ出身の人?」
「何の仕事してる人?」
「いつから新しい苗字になるのー?」
と野次馬丸出しの矢継ぎ早の質問が。

無邪気に、興味本位で、
なんとなく知りたいだけ、という質問の動機なので
答えなくても別に問題ない感じ。
○○さん、あちこちで言って回るから言わない〜と
かなーり無視しちゃいました(苦笑)

子供は〜?ときかれましたが
見た目より歳行ってるんですよ、私ー
46歳ですよ、無理無理。と言ったら

「まだ大丈夫!不妊治療したら!」と
これまた無責任に、無邪気に言う。
他の方々も「そうそう」とか言ってるのですが
職場のこれから1、2年のうちに
確実に訪れる変化を考えると、
のんきに産休/育休を取ろうという気分にはなれず。

ましてや、私は自分に子供って、欲しくないのです。

まあ、そんな細かいことは言わずに
お酒の席らしく適当にニコニコしていたら
「子供を産んで一人前になるんやから」
と言われました。
他の近くの席の方々(オバサマばかり)も「そうそう」と
うなづいてます。

ほほう。

言っちゃなんですが、独身で社会人生活を
ずいぶん長くしていましたので
「結婚して1人前」ってのは、
もう耳にタコができて、その上にタコができて
カッチカチのコリッコリになるほど言われました。

類似説で「子供を産んで一人前」も
ずいぶん言われましたが
最近のナントカハラスメントを自重しよう、という
風潮からか、ちょっと言われなくなってきましたが。

今回は久しぶりに言われたなあ。
ふと、言った本人や周りのうんうんしてる人たちは
子育てしたんだろうなあ。

そして、それを自分の人生を肯定する材料にしてるんだろうなあ。
そのために、そのステップを踏んでいない人をみると
まだ1人前じゃない、なんてディスるようなことを言うんだな。

なんて、ちょっと
「上から目線」
ならぬ
「よそから目線」みたいな目で見ちゃいました。

まあ、何百万回言われていることに
今更反論する気にもならず。
ヘコむこともなく。
宴会の盛り上がりのなかで
お酒の勢いで単なる言いたいだけのお客さんの言葉に
怒る気力もなく。

ただ単純に
いまだにこんな人たちがいるんだなあ。
なんて、思いました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村











nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る